日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いとおにぎりをこよなく愛す40代です。

フリーペーパー

f:id:YUMLASER:20170126101434j:image

 京都には観光者向けのフリーペーパーがたくさんありますが、もちろん居住者向けの物もたくさんあります。

 ⬆︎これらは、黙っていても毎月必ずポストに入ってくる公共機関発行、京都リビング新聞社発行のフリーペーパーです。以下は私が読んでみて感じた内容の違いです。独断と偏見ですので、あまり参考にはなりません、あしからず。

府民だより】

 市民新聞、区民新聞よりも真面目な内容です。催し物の告知や紹介よりも府政や知事関連の記事があり、報告的な内容が多いフリーペーパーです。

【きょうと市民新聞】

 府民だよりよりもページ数も多く「平成KIZOKU」という謎の白塗りコスプレイヤーが登場した月もあったフレンドリーな内容です。もちろん市政についての記事もありますが、催し物や市民の便利情報が盛りだくさんです。

【中京しんぶん】

 京都市中京区の区民新聞です。府民だよりと同じように区政や報告が多めです。府民だよりよりイラストが多いのであまり堅苦しさは感じません。催し物の告知が少ないので、区民としてはもう少し情報が欲しいところです。

【LIVING】

 リビングは催し物の告知よりも、求人情報や広告が中心です。一面は興味深い内容が載せられることが多いのですが、他はほとんどが広告です。私がこのフリーペーパーで好きなのが「かけいぼ診断」というコーナーです。毎号、自ら応募して来たと思われる京都府内のとある家族の収入、支出、家族構成が載っていて、それをファイナンシャルプランナーが分析するというコーナーです。家計のやりくりがうまくできていない私は、この記事を見たいがために必ずこのフリーペーパーを開いてしまいます。同じような家族構成、収入の場合は特に気になります。

 

 公共機関が発行しているフリーペーパーを中心に紹介しましたが、京都にはまだまだ観光者、居住者向けのフリーペーパーがあります。また次回少しづつご紹介したいと思います。

f:id:YUMLASER:20161205145501j:image

⬆︎市役所の入り口には、京都市内の区民新聞が全てそろっています。