日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いとおにぎりをこよなく愛す40代です。

御池通りのしぜんさん

 御池通りと堀川通りの交差点よりも西、二条駅方面に進むと「神泉苑」があります。通称名はしぜんさん、ひでんさん、ひぜんさんです。庭園のように見えますが真言宗の寺院です。

 こちらは元々、平安京造営の時に設けられた宮中附属の禁苑で、池に天皇や公家が船を浮かべ、歌や花、音楽を楽しむと言う、文字通り「貴族の遊び」の場だったようです。当時は現在の20倍もの敷地面積で、二条通りから三条通りまでを突っ切って南北500メートルもある大庭園だったそうです。百姓出身のわが家にとって、貴族の生活は夢のような話です。庭園は、大きな池がメインだったため、この通りは「御池通り」と名前がつけられました。

 どんな日照りでも池の水が枯れることがなく、「善女龍王」と言う龍神様が住むと言われています。仏教界のスター、空海が雨乞いを行なったお寺としても有名です。二条城がここらの一番の観光名所ではありますが、神泉苑はパワースポットとして有名だそうです。

 

f:id:YUMLASER:20170316091514j:image

 赤い橋を渡る時に願い事を一つだけ唱えると叶うそうです。あくまで一つだけなので、厳選してから渡らなければいけません。

f:id:YUMLASER:20170316091540j:image

  龍神様にちなんでか、池にドラゴンボートが浮かんでいます。

f:id:YUMLASER:20170316091608j:image

  

f:id:YUMLASER:20170316091630j:image

  日本で唯一の恵方社です。その年の恵方に合わせてこの社を回すようです。

f:id:YUMLASER:20170316091644j:image

  池にはアヒルや鴨、鯉がいます。エサの自販機がありました。子供たちがどうしてもあげたいというので、エサを一つだけ購入しました。モナカに入ったエサがコロリと出て来ます。面白いシステムです。