日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いとおにぎりをこよなく愛す40代です。

アレルギーはいつ治るかな?

 わが家の次女は生まれた時からミルクアレルギー(正確には牛のプロテインのアレルギー)です。今年で4歳になりますが、まだアレルギーは続いています。一方長女は今7歳ですが、生まれてから熱が出たことも2回くらいで、ほとんど病気をしない子です。長女がそんな感じなので、次女がアレルギーだとわかった時はびっくりしました。

 私は子供を2人とも完全ミルク育児で育てました。最近は母乳育児の方がいいと言われていますが、ミルクで育てたことを後悔したり、悲しく思ったりしていません。以前友達に「まぁ、ミルクでもいいんじゃない?楽でしょ。気にすることないよ。」と言われたことがあります。本当に気にしていなかったので、励まされたことに逆に驚いたくらいです。

 長女が生まれた時は母乳が1滴も出ませんでした。0mlです!母乳が出ないので、入院中にミルクをお願いすると、忙しい看護婦さんに「母乳は出ないんですか?ミルクをあげ過ぎです。」と言われて悔しかった思い出があります。(これはフランスの病院です。)

 次女の時は30mlくらい出た(絞り出した)のですが、乳房がパンパンに腫れあがり、あと1日遅ければ切開手術が必要と言う状態に陥りました。産婦人科の先生が往診してくれて、一粒3,000円と言う、なんだかすごい高級な薬で、母乳がこれ以上体内で作られないようにして、さらに牛・馬・羊などが使う家畜治療用のクリームを乳房に塗ってもらい、サラシを胸にギューギューに巻いてやっと治したのです。その時は、心の底から「最初からミルク育児にすればよかったわ~」と思いました。

 子育ての結果は出ていないのでわかりませんが、長女を見ている限りミルク育児だから母乳育児の子のよりも病気になりやすいとは思いませんし、顎の力が弱いと言う感じもしません。

 ご年配の方で「出す気がないから出ないのよ」などと勝手なことを言う方がいますが、本当に出ない母親と言うのもいるのです。そんなことを言う人がいるものだから、日本のママ達の中にはミルクで育てること/育てたことを気にしてる方もいらっしゃるようですが、私は1%も気にしていません。

 ミルク育児だって、すぐに飲ませてあげられない、ミルク代が高い、出かけるときはどうしても大荷物になってしまう、などいろいろ大変なこともあります。

 もちろん、自分が食べるものに気を使って、おっぱいマッサージをがんばって、たくさん勉強して母乳で育てたお母さん達はすごいと思います。私は母乳育児を否定したり、どちらの育児が優れているとか考えているわけではありません。どっちだって、母の愛情に変わりはないと信じています。

 世のママ達は、その子を育てない他人にミルクか母乳かをとやかく言われて、落ち込むことなんかないのです。

 

 さて。次女もミルクで育てましたが、毎度吐き戻しがひどく、生まれて2週間くらいしたら皮膚が真っ赤になり、そしてボコボコになり、出血しました。今思えば、毎日3~4時間ごとにアレルギー物質を体に投入されるのですから、そんな状態になるのも当たり前です。

 小児科に連れて行っても「だいじょうぶですよ。クリームを塗ってこのまま様子をみましょう」が3か月繰り返されました。クリームは傷口にしみるので次女はいつも泣いていました。先生にはアレルギーの可能性は全く指摘されず、私も考えがおよびませんでした。

 3か月になっても何も改善しないので、小児科ではなくて皮膚科に連れて行こうと夫婦で考え、小児用皮膚科を探して連れていきました。ブラジルでは、今日、明日などすぐに診てもらうには、全額自己負担になり診察に毎回1万5,000円かかります。保険を利用する場合は、3ヶ月待ちになるそうです。大きな出費でしたが、そこでやっと食物アレルギーかもしれないとわかり、すぐにアレルギー専門医を紹介してもらうことができました。アレルギーの先生に診てもらえるようになってから、次女の皮膚ははどんどん改善されて行きました。今は牛肉も食べられるようになり、バターを使ったパンやお菓子も平気です。(ヨーグルトやチーズは食べる量に注意が必要で、生クリームや牛乳はまだまだダメです。)

 次女のアレルギーがわかってから、保健所の診察、保健所のアレルギー用ミルク支給、小児皮膚科、アレルギー科、小児科と月に最低でも5回、乳児を連れて言葉の通じない病院に1人で通いました。それは本当に疲れました。でも、彼女は幸いミルクアレルギーだけで、たまごや小麦などはだいじょうぶです。ミルクだけでも大変だったので、他のアレルギーも持っているちびっこのお母さんは本当に大変だと心から思います。

 アレルギーの子を持つママはそうだと思いますが、私も次女のアレルギーが分かった時、「私が妊娠中に食べた何かが悪かったのかな?」「私がアレルギーを持ってるからかな?」「何が悪かったんだろう?」といろいろ考えました。アレルギーの先生も遺伝的なものだとおっしゃっていたので、落ち込んだこともありました。

 今、次女は元気に幼稚園に通っています。お友達と別の給食を食べることや、お誕生日会でもケーキを1人だけがまんするなんてこともありますが、幼稚園が大好きです。長女も次女のアレルギーを理解し始め「これ食べると、かゆくなるからダメだよ。」と諭してくれるようになりました。

 そんな次女もいつかアレルギーが治って、家族でショートケーキやシュークリーム、フルーチェや牛乳寒天などが食べられる日が来ればいいなと願っています。

 

 アレルギーを持つちびっこと、がんばって育てているママさん達を心から応援しています。