日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いとおにぎりをこよなく愛す40代です。

姉妹の性格の違い

 なんでも、電車の中の痴漢は「気が強そうな女性」は狙わないそうです。私は生まれてこのかた、痴漢に触られたことはありません。自分では気が強いとは思ってはいませんがその点から言えば、「気の強そうな女」に見えるのだと思います。本当は気が強いというよりガサツなのと、触りたいような対象ではないと言うだけなのでしょうが、痴漢に遭わずに済んだという点ではとにかくよかったと思います。

 わが家の姉妹は、長女が内でも外でも気が弱く、次女はかなりの内弁慶です。

 気の弱い長女は、空席が出るまで1年待ってやっと入れた学校のタップダンスクラブを、上級生から意地悪をされることに耐えられず、相手に嫌なことを止めてと言うこともできず、半年ほどでやめてしまいました。タップダンスをしたい気持ちよりも、続けたくない気持ちが大きかったようなので、無理して続けさせませんでした。

  逆に気の強い次女は、幼稚園で他のこども達に意地悪をしていないか、手を出したり、大声で威嚇したりしていないかとハラハラして、母はけっこうな頻度で次女の行動や態度を先生に確認しています。どうやら今のところ、次女が威張る対象は自分の姉だけのようです。

 贅沢にも「普通」に「ほどほどに」を望んでしまいます。気が強いのと、弱いのと、どちらが良いのかはわかりませんが、とにかく人様に迷惑をかけず、健康に育って欲しいものです。