日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いとおにぎりをこよなく愛す40代です。

アヌシーをちょこっと

f:id:YUMLASER:20170809231811j:image

 わが家の拠点はフランス、オート・サヴォワ県にあるアヌシーという町です。アヌシー自体の人口は約5万人くらいの小さな町ですが、それでもオート・サヴォワ県の県庁所在地的な町だそうです。周辺の村や町も合わせたら10万人くらい行くと、先日家族の誰かが威張っていました (^_^;) わが家もアヌシー市内ではなく、車で10分くらいの村に住んでいるので、プラスの5万人に入ると言えます。

海外に行くときは、お隣スイスのジュネーヴ空港から出るのが1番早く、ジュネーヴまでは車で30分です。わが家もブラジルから戻って来る時はいつも、ヨーロッパの都市→ジュネーヴ→車でアヌシーコースです。

 以前、この辺はサヴォワ公国という独立した国でした。ほとんどいませんが、それでもまた独立したいと思っている方がちょこっとだけ(おそらく1%未満)いるようで、手作りの「独立しよう!」と言う広告がポストに入っていることもあります。

 スイスも有名ですが、アヌシーのチーズ・フォンデュは「フォンデュ・サヴォワイヤード」(サヴォワ風フォンデュ)と呼ばれ、この地方の郷土料理です。

2年ぶりにアヌシーに戻って来たので、散歩に行って来ました。

⬆︎の写真は、アヌシー湖周辺と旧市街の写真です。のどかだ…。