日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いと福袋をこよなく愛す40代です。

自粛生活中にできあがりました

今週のお題「お父さん」

 日本に一時帰国をする際に、ひと様にご迷惑をかけないためにも、生き物を飼うのに反対していた私。しかし、他3名がその反対を押し切って、11月末にアリエージョワ犬のパステルがわが家にやって来ました。パステルは予想以上に短かった子犬時代を経て、スクスクと大きくなり、今では次女よりも大きくなりました。そして半年後の今、庭には二羽ニワトリがいます(゚Д゚)

 軟禁生活中に、家を改装した時に出た廃材を使って、鶏小屋的なものを造り始めたわが家のフランス人。購入したら5万円ほどするかっこいい鶏小屋をお店に何度も見学に行き、自分で鶏小屋と言うか、動物用の山小屋のようなものを完成させました。ネットショップで屋根の部分は購入しましたが、残りは家にあるものをリサイクル利用し、金槌で一度手を負傷しながらも完成させた鶏小屋です。おめでとうε-(´∀`)

 鶏小屋ができあがると、今度はいそいそと植木屋さんに出かけてニワトリを予約してきました。私は日本でよく見る、白い体に赤いトサカのニワトリしか知らなかったわけですが、彼が持ち帰った注文票を見ると、日本でおなじみのニワトリは「こちらは新商品!」とお勧めマークが付き、お値段も他のニワトリより500円ほど高めでした。
8種類ほどのニワトリが載っており、茶色、グレイに白の斑点、白と黒などのニワトリがお手頃価格で一羽1300円ほどです。なんでもフランス南部の養鶏牧場が、月に何度かアヌシー近郊の植木屋さんに出張販売するときに、受け取りができるシステムになっているようです。これまたなんとも不思議…。
 わが家は4種類のニワトリを各一羽ずつ飼うことにしたのですが、2種類は売り切れており入荷待ち(育ち待ち?)することになりました。そしたら、なぜかお義父さんが「一羽飼いたい」と出資を申し出てきました。なんでも、ニワトリを飼おうとして鶏小屋まで購入したのに、お義母さんに猛反対されて飼えなかった過去があるそうです。その時の夢をわが家の庭に託したいそうな(=´∀`)人(´∀`=)

↓先に入居した2羽を、躊躇なしに手掴みで鶏小屋に押し込むわが家のフランス人。
f:id:YUMLASER:20200625203336j:plain
 
↓白と黒は長女により「おにぎり」、白黒斑点は次女により「パンダ」と命名されました。
f:id:YUMLASER:20200625203500j:plain

↓新しくやってきた鶏たちが気になって仕方がないパステル。穴からのぞき見しています。
f:id:YUMLASER:20200625203401j:plain

↓向こうからは覗けないとわかり、それなら裏から!とのぞき行為を続けるパステル(^_^;)
f:id:YUMLASER:20200625203413j:plain

 コアラが飼いたいけど、ダメなら犬で我慢すると言ってパステルをかわいがっている次女ですが、ニワトリが来た日は、犬が家に来たときの3倍ほどの喜びと興奮具合でした∑(゚Д゚)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

でかしたぞ、パステル!

お題「#おうち時間

 わが家のパステル(アリエージョワ)は、猟犬の部類です。しかもイノシシなどの大型動物用の猟犬です。(ちなみに自分で獲物を仕留めることはなく、トドメは飼い主に委ねるタイプの猟犬だそうです。)そんな猟犬と言えど。わが家のパステルは、小さい時から猫に怯えては震えが止まらなくなり、ネズミに怯えてはパニックに陥り、散歩中に芝刈り機がウィーーーーンと鳴り響いた時には、その音にビビリ倒して、車道に飛び込もうとしたほどの小心者です。とてもじゃないけど、イノシシを追い込むなんてパステルには無理でしょう。

 先日、そんなチキンのパステルが、これまでにないくらい集中して材木に向かって吠え続けていました。他の犬が家の前を通るときに、その友達犬を呼ぶためにワオーンと鳴くことはあるのですが、長い時間ワンワンワンワン吠え続けるようなことは全くありません。いつものパステルとは違うあまりの剣幕に、子ども達をパステルのところへ派遣しました(そして母はのんきにコーヒーを飲む♪(´ε` ))

 すると。長女が「何かいる!何か見える。トゲトゲ!ウォー!」と騒いでいるではありませんかΣ(゚д゚lll)家の改装時に出た廃材に向かってパステルが吠え続けていたので、その木材の下にネズミの家族でもいるのかもしれないと思い、ようやく私も庭へ出たところ…


 根性なしのパステルが、決して諦めずに何か探し続けています。
 木材は重いし、何より面倒だったのですが、パステルが吠え続けるとご近所迷惑になるので、長女と一緒にそれらの木を移動することにしました。ヒーヒー言いながら木材をどけると、なんやら巨大なサボテンのようなものがあります。私が「ゴミだよ。なんか巨大なマリモみたいだね。」と言うと、子供達は「違うよ!ハリネズミだよ!」と言うではありませんかっ。そのサボテンマリモは直系25㎝ほどもあります。私が知っているハリネズミは、なんかもうちょっとこう小さくて、かわいらしいやつなのですが・・・。でも、そのサボテンみたいなマリモをよく見てみると、確かに上下に息をしているように動いています。こうやって動いている以上サボテンでもマリモでもないのでしょう。とりあえず、これまでにない勇敢さを見せたパステルは、ハリネズミに近づいて、速攻で鼻を負傷したので、とりあえず車庫で待機させることにしました。
 
 家に野生のハリネズミが住み着くなんてことは滅多にないので、ずっとわが家で暮らして欲しいのですが、パステルがいる以上、吠えてご近所に迷惑がかかってしまいます。とりあえずハリネズミを動かしてみようと3人で話し合って、丸まったハリネズミを木の枝で転がしてみました。太めの木の枝を使ったのですが、ずっしりと重みが伝わってきます。少し転がし、息を殺して静かに様子をうかがうと…
 急にハリネズミの呼吸(上下の運動)が早くなり手足をピョコンと突き出しました~!!


 転がしてしまい、上下逆さまになっているので、フガフガと苦労しているハリネズミ


 そして、のそのそとまた別の木材の下に身を隠すハリネズミ

 結局、どうしても自分から出て行ってくれず、パステルは至近距離で吠え続けるので、いろいろ考えた結果、ボールのように転がして、わが家の敷地から出ていってもらうことにしました。本当はずっと家にいて欲しかったけれど…(´-`).。oO Lサイズ白菜くらいの重さのハリネズミを、3人交代でなんとか転がして、家の外に出て行ってもらいました。はじめまして。そして、さようなら。ヨーロッパハリネズミよ。

 お義父さんによると、わが家にパステルが家にやって来た2019年の11月末から、一日中家の門を閉めるようになったので、それ以前のある夜、歩いて堂々と入り口から入って来て冬眠していたのだろうと言うことです。冬眠している間は匂いも出ないのか?パステルも気がつかなかったようですが、冬眠から覚めた途端パステルに発見されたのだろうと。追い出してしまったのは、本当に残念ですが、パステルのおかげで貴重な経験ができました。チキンもやるときゃやるな~。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

「アルプノマスク」

お題「#おうち時間

 日本では「アベノマスク」が各ご家庭に配布されることに決まってから、いろいろと物議を醸しましたね。日本の納税者ではない私は、日本の政治にとやかく言える立場でも、良き代案を持っているわけでもないので、とにかくコロナウィルス問題が1秒でも早く収束することを願うのみです。

 給食当番を彷彿とさせるマスクを着用した安部総理が発表した「アベノマスク」案に影響を受けたのかどうかはわかりませんが、我らがオート・サヴォワ県を含むローヌ・アルプ地方でもマスク2枚が各家庭に配布されることになりました。ご年配の方々のご家庭に優先的に配布されるとのことで、お義父さんとお義母さんは、いち早くこの「アルプノマスク」を受け取っていました。ちなみに、「アベノマスク」にちなんで、私が勝手に「アルプノマスク」と呼んでいるだけです (°▽°)

 フランスでは3月17日に軟禁生活が始まり、5月11日に解除されましたが、現在もお義母さんは家の敷地をたった1度出たきりです。(その1度は、徒歩5分のところに位置するわが家であります。)お義母さんは、ずーっとずーっと家にいて、スーパーにさえも行っていません。もう80歳ですから、自分でもかなり気をつけているようです。そんなお義母さんは、もちろんマスクには慣れていないため、「アルプノマスク」を自宅で試してみたところ、全く息ができずジタバタしたそうです。

 「やっぱり、フランス人ってマスクに慣れていないんだなぁ~」と軽~く考えていたのですが。なんと!先日わが家に配布された「アルプノマスク」を装着してみたらば!マスクに慣れている私でさえもとにかく息が苦しいΣ(゚д゚lll)
 正式名称はわかりませんが、生地がツルツルピカピカしている厚めのやーつで、ガーゼとか綿ではないようなのです。お義母さんが、もがいてジタバタした理由がようやくわかりました。お義母さんよ、あの日のジタバタを軽んじて誠に申し訳ない…。
 わが家のフランス人は、軟禁が解除されてから週に一度出社し、他の日は自宅でテレワークを続けています。会社内では、会社指定のマスクの着用が義務づけられているそうで「アルプノマスク」も、私がアルトバイエルンのような太い指と、すっかり使い古した手ぬぐいでなんとか作りあげたマスクも出番はないようです。

 そんなわけで。せっかくいただいた「アルプノマスク」ですが、返却できるようなら村役場に持って行くか、必要な方にお渡ししようかなと思います。一つは試着のために開封してしまったので、万が一の時に備えて(それが、いつなのかはわからないが)保管しておきますm(._.)m

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

アリエージョワ犬の友、ダルメシアンのぬいぐるみ

お題「ペットを紹介します」

 わが家のおとなりさんのヨハンさん一家は小型犬を飼っています。種類はよくわかりませんが、いつもキレイに毛をカットしてもらっている白いワンちゃん♀で、白だけに名前はFarine(ファリーヌ/小麦粉)です。ファリーヌは室内で飼われている犬ですが、時々お庭に飛び出してくることがあり、そんな時は必ずパステルを呼んでくれます。ヨハンさんのお宅も、わが家もわんちゃんが逃げ出さないようにと門を閉めているので、二人(二犬)は遠くから会話を交わすだけのようですが、それでも仲良しのようです。

 ヨハンさんご一家は、真っ白でかわいいファリーヌに激アマです。ファリーヌは60以上のおもちゃを与えられているにも関わらず全然遊ばす、たくさんの種類のおやつを買ってあげてもすぐに飽きるそうで、いろいろ家に有り余っているとぼやいておりました。犬も女心は移り気で難しいものです。
 そこで、おこぼれをいただけるのがわが家のパステル٩( ᐛ )و わが家にパステルが来たときに、ペットショップでおもちゃを2つ買ってあげました。綿が全部抜けてボロボロになったクマの人形(もはや目鼻がついた茶色の布)と骨の形をした水色の歯固めの二つぽっきりのおもちゃで健気に遊ぶパステルを見かねたのか、気がつくとヨハンさんが次々にパステルにおもちゃや人形を与えてくれています。彼のおかげでパステルのベッドには、現在20数体もの人形が横たわっています。ヨハンさんはパステルのこともとてもかわいがってくれて、鳴いていると様子を見に来てくれたり、猪ジャーキーなるおやつを時々いただいているそうです。お会いする時にいつもお礼をお伝えしているのですが、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。わが家もパステルには歯磨きバーやらジャーキースティックなどを与えていますが、ファリーヌはきっともっとよき食べ物を与えられているんだろうなぁ。パステルよ、すまんなぁ(´-`).。oO

 そんなパステルが、例のごとくヨハンさんからいただい人形でとっても気に入っている物が2つあります。それは、ピンクのトイプードルとダルメシアンみたいな犬の人形です。
 ある夕方、たっぷり子供達と遊んだにも関わらず、珍しくパステルが人を呼ぶように鳴いていました。様子を見に行くと、ピンクのトイプードルの人形をどこに置いたか忘れてしまったようで、必死で庭を探している様子でした。長女が裏庭で見つけてパステルに渡すと、なんやら安心したようにその人形をくわえて寝床に戻って行きました。不思議なものです(^-^)次女曰く「ピンクでかわいいから、女の子だと思ってるんだよ」。それからもパステルは、汚れても泥だらけになっても、その人形のお世話をしています。
 また別の日にヨハンさんが、ダルメシアンのような白黒のお人形を投げ入れてくれていました。パステルはこの白黒のお人形がたいそう気に入ったようで、庭のどこに行くにも連れて歩いていました。次女曰く「白黒だから、自分の子供だと思ってるんだよ」。
 パステルは、自分の体とこの人形の模様がなんとなく似ていることに気がついたのでしょうか?アリエージョワのようなマイナー犬ではなく、これはダルメシアンだと思うのですが、わが家ではPetit Ariegeois(プチ・アリエージョワ)と呼んで、破れれば縫い合わせ、汚れれば洗ってあげています。いつもありがとう、おとなりのヨハンさん。
 

⬇︎汚れたトイプードルを段ボールに上げて保護するパステル。

⬇︎破れても汚れても、パステルがわが子のようにかわいがっているダルメシアンの人形。この日は洗ってキレイにしてあげました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ダブルの虹

お題「#おうち時間

 フランスはサマータイムで20時でもまだまだ明るい毎日です。よって子供達は、母が呼ぶまで庭でいつまでも遊んでおります。木に登ったり、犬を相手に鬼ごっこをして必ず負けたり、改装作業で出たタイルからMade in Italyと裏に書いてあるものだけを高級品として集めたりしていたら言うあっという間に時間が過ぎていくようです。
 そして鶏小屋造りにはまっている夫しかり。本業よりもずっと熱心に取り組んでいるような気さえします(°▽°)
 室内には超インドア派の私が1人。誰にも邪魔されることなくダラダラ過ごしています。東京で一人暮らしをしていた頃を彷彿とさせるぐうたら具合です。20代のうら若き乙女だった頃は、肉屋のコロッケを買い込み、漫才を見ながら一人で大宴会をしたものです。東北から上京する時は、自分を「ぼく」と呼び、標準語を操る男性と代官山や中目黒という素敵な響きの街でおしゃれなデートをするつもりだったわけですが…。実際は心待ちにした給料日に、親友と蒲田の鳥良で生レモンサワーを飲むのが何よりの楽しみとなっていたものです ٩( ᐛ )و

 それはさておき。アヌシー近郊は数ヶ月間(もしかしたら半年以上)、雨に恵まれませんでした。畑の水やり用に雨水を貯めている樽も、風が吹けばゴロゴロ転がるほどです。長い間そんな状況でしたが、今週は雨の予報です。畑への恵みだと、わが家のフランス人が小躍りしています。

 先日、次女が一人窓にへばりついていました。窓にへばりつくのはいつものことではありますが、何をしているのかと訪ねたところ、「生まれてから2回目だよ、虹。」と虹を見るのに夢中になっていました。1回目がいつだったのかはわかりませんが、本人がそう言うのだから2回目なのでしょう。
 ベランダに出て見上げてみたら、なんとダブルでした!なにか、いいことありそうだ。いや、ダブルレインボーを見たこと自体がささやかな幸せです。都会ではビルの狭間から虹がかかっているものですが、道を1本挟んだところから虹が出ているように見えるのは、田舎の村に暮らす楽しみの一つかもしれません (´ε` )

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村