日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いと福袋をこよなく愛す40代です。

出会いは宝

 ブラジルを発つ直前、長女のクラスメイトがお別れ会をしてくれました。通常ならば、旅立つ側がみなさんを招いてご馳走を振舞うのがブラジル流です。しかし、わが家には60人もの方々にステーキやスイーツバイキングをごちそうできるような余裕はありませんσ(^_^;)

 お別れ会を仕切ってくれたのは、日系人のママ友です。なんと、大型遊具のそろったパーティー会場で開催してくれました。子供達は自由に遊んで、母親達はパーティー用の個室に集まっておしゃべりを、5時間ほど続けたのです。送別会に消極的な私に変わって他のお母さん達が、料金もみなさん会費制で行ってくれました。

 その日の授業では、先生がクラスでメッセージカードのアルバムを作ってくれました。クラスメイト24人と先生からのお手紙で、私も長女もとても感激しました。

 小学校1年生なのに長女の親友は「あなたが、新しい人生を始めることをうれしく思います。」と大人顔負けの言葉を書いてくれていました。何度読んでも感動してしまいます。

 長女が好きだった男の子からは、指輪とハートの切り抜きが貼り付けてあるだけのメッセージで、小さな恋を見ているようでした。

 ちなみに私が6歳くらいの時は、漫画のことと、お小遣いでレーズン入りのクリームパンを買い食いすることばかり考えていましたが、世間の6歳っていろいろ考えているんですね。

 クリチバで一番よかったのは、素敵な方々と出会えたことです。特に私と長女にはたくさんの出会いがありました。 6歳だったら、毎日遊んでいたお友達のことは大人になっても少し覚えているかもしれません。ポル語はきっと忘れてしまうけど、ブラジルでできたお友達との思い出は忘れずにいて欲しいです。

f:id:YUMLASER:20180228222746j:image 

ブラジルで出会った趣味

 何から何まで中途半端なyumlaserですが、習い事もいろいろと中途半端に挑戦してきた過去があります。ブラジルでの生活に必須のポル語も続かなかった私が、唯一続けた趣味があります。日本ではガラス細工やモザイクアートと呼ばれているものです。中学の時に美術で2をいただいた私にちゃんとした作品ができるわけがないのですが、それでも週に1度通っていました。

 月に1回ほど長女も一緒にモザイコ教室に行っていました。私の教室について来ると言う形で、特別に子供用の授業があるわけではありません。 

私の先生はモザイコアーティストですが、本業は心理学者です。孤児院の青少年達のサポートや、大人ではドラッグ依存の問題を抱えた方々のケアをしているようです。アートセラピーと言う手法で、ドラッグ依存の方々の集中力や忍耐力を高めて行くことに協力をしています。

わが家の長女は、先生に会うこともモザイコを作ることと同じくらい楽しみで、モザイコ教室が大好きでした。先生のお宅にネコちゃんがいるのも、教室に行きたい理由の一つだったようです。

当時6歳だった長女にはまだタイルをカットするほどの握力はありませんでしたので、使用するタイルは先生が切ってくれたものや、大人たちが失敗したタイルなどになります。様々な形のタイルを合わせて行くのはパズルのようで楽しいそうです。

そんな長女の第1作は「宝物を入れる箱」でした。木の箱にガラスやタイルをボンドでくっつけて、セメントで固めます。その後に箱を好きな色に塗って出来上がりです。クラスは3時間半(うち30分はコーヒータイム)ですが、1回で完成しました。

 

f:id:YUMLASER:20180228232824j:image
 まずは、下の部分に、タイルを好きな順番でくっつけます。タイルを切らずに済むので簡単です。その後に、ミラーを、箱の側部に貼り合わせてくっつけます。最初に鉛筆で高さをちゃんと決めて置いて、はみ出さないように慎重に並べます。

フタの部分は、まず縁にタイルを並べて貼りつけます。その後、真ん中部分を側部で使ったミラーの残りと、他のタイルを組み合わせて埋めて行きます。
 最後に箱を好きな色で縫ってできあがりです。授業時間内には乾かないので、母が次週持ち帰ることにしました。
 長女は、風船やピン止め、友達からの手紙など、彼女にとって大事と思われるものをいろいろ入れていました。 

 

何事もモチベーションが肝心である、と思う

話せたら嬉しい言語はいろいろありますが、どんな言語でも「ちゃんと」話せないとダメかなと思います。

例えばわたしyumlaserは、他の方から見たら多言語話者ということになっています。(日本語、英語、中国語、フランス語、ポルトガル語)

でも自分では、日本語以外はどれも中途半端で恥ずかしいのです。

英語は小学生の頃に洋楽に興味を持ち、そこから歌詞をダイレクトに理解したいと思って始めました。結果、大学で英文科に進むことになりました。中国語は仕事で必要でしたので、背水の陣で一気に話し方を覚えました。読み書きは苦手ですσ(^_^;)フランス語ですが、アヌシーのような小さな町では、生きていくために覚えなければなりません。配偶者が日本語を話すフランス人ということもあり、その状況に甘えてしまい、あまり上達していません。(→ほぼ無理に日本語を話させているという説もある。)ポルトガル語は、ブラジルに住んでいる時に、子供が現地の幼稚園に通っていたので、先生方やママ友とのやりとりでどうしても必要でした。なんとか旅行会話くらいはできるようになりました。自分から好きで始めたのは英語だけですが、他の言葉を覚えているうちに、どんどん退化しています。このように、私は全てが中途半端です。

 なにごとも中途半端というのはよろしくないものです。外国語も、母語以外に一つでも「ちゃんと」話せたら、それこそ何語だって仕事につながる可能性があるし、人助けになる日が来るかもしれません。私のようにどれも半端では、なーんにも実りません。

 

わが家のちびっこたちは、3ヶ国語(日本語、フランス語、ポルトガル語)の理解が可能でした。当時、長女6歳、次女2歳。

それもすごいことだなと思いますが、3ヶ国語とも同じ年頃のちびっこよりも語彙は乏しく、ラテン語と日本語の文法が混ざってしまいます。「アリスのママ」と言いたいところを「ママのアリス」のように言ってしまうのが、なかなか直りません。時には、3ヶ国語を一文にミックスして話すこともあります。こうなると、もうチンプンカンプンです。

彼女たちは母語であるはずのフランス語の基盤が固まる前に、2言語目、3言語目の情報が入ってしまったので、どれもごっちゃになってしまったのでしょう。

子供の頭は柔らかいし、これからいくらでも修正・習得ができると信じて、期待しています。

心配なのは、母語以外の言葉を話したくなくなってしまうことです。「日本語を話すのはかっこ悪いこと」「他の子と違っていて、なんだか恥ずかしいこと」と思われたら悲しいなと思います。母は、ひっそりとプレッシャーにならないように、日本語と日本文化から心が離れないように手助けしたいと思っています。

関西風たまごサンド【喫茶マドラグ】

f:id:YUMLASER:20170816212358j:image

 

 同じ日本国内でも、東と西では食べ物の呼び方が違ったり、味付けが違ったりするようです。うどんは有名な例ですが、洋風メニューのたまごサンドも違うと言う事をしりました。

 私は東日本で生まれ育ったので「たまごサンドイッチ」と言えば、ゆでたまごをつぶしてマヨネーズをまぜた「たまごサラダ」をパンに挟んだものです。

 関西(京都?)のパン屋さんや、喫茶店で売られている「たまごサンドイッチ」には2種類あります。1つは、東日本と同じでたまごサラダを挟んだものですが、2つ目はなんと!「だし巻きたまご」を挟んだサンドイッチです。

 初めて「だし巻きたまごサンドイッチ」を見た時は、日本で新しく流行りだしたメニューなのだろうと思っていましたが、どこのパン屋さんに行ってもこのタイプのたまごサンドイッチがあり、近所の喫茶店には、だし巻きたまごサンドイッチを求めて、連日長蛇の列ができています。

 インターネットで調べてみると、関西では昔からだし巻きたまごを挟んだサンドイッチが食べられているそうです。

 【喫茶マドラグ】という喫茶店は、とてもだし巻きたまごサンドイッチがとても有名なお店です。このお店のだし巻きたまごサンドイッチを食べるために、みなさん遠方から来ていらっしゃいます。桜や紅葉の季節など、京都でも特に観光客が多い時期は、お昼過ぎにはもう夕方までの予約でいっぱいです。「パン売れ切れました」と張り紙がされている日もあります。

 私も、愛知から友人が会いに来てくれた時に、1時間待ち(席を予約して、1時間後に戻って来ることができます)で行ってきました!それが、⬆︎の写真のたまごサンドイッチです!厚さは10センチくらいあるのではないでしょうか。もはや、サンドイッチと言うよりも、だし巻きたまごを食べている感じでした。フワフワで柔らかくて、かなりのボリュームです。友人と各1品頼んで、たまごサンドイッチは半分ずつ食べようと決めたのですが、どうしても食べ切れず、申し訳ないのですが残してしまいました…。他のメニューは頼まず、このサンドイッチだけに集中することを強くお勧めします!

 

madrague.info

 

 

 

 

 

姉妹の性格の違い

 なんでも、電車の中の痴漢は「気が強そうな女性」は狙わないそうです。私は生まれてこのかた、痴漢に触られたことはありません。自分では気が強いとは思ってはいませんがその点から言えば、「気の強そうな女」に見えるのだと思います。本当は気が強いというよりガサツなのと、触りたいような対象ではないと言うだけなのでしょうが、痴漢に遭わずに済んだという点ではとにかくよかったと思います。

 わが家の姉妹は、長女が内でも外でも気が弱く、次女はかなりの内弁慶です。

 気の弱い長女は、空席が出るまで1年待ってやっと入れた学校のタップダンスクラブを、上級生から意地悪をされることに耐えられず、相手に嫌なことを止めてと言うこともできず、半年ほどでやめてしまいました。タップダンスをしたい気持ちよりも、続けたくない気持ちが大きかったようなので、無理して続けさせませんでした。

  逆に気の強い次女は、幼稚園で他のこども達に意地悪をしていないか、手を出したり、大声で威嚇したりしていないかとハラハラして、母はけっこうな頻度で次女の行動や態度を先生に確認しています。どうやら今のところ、次女が威張る対象は自分の姉だけのようです。

 贅沢にも「普通」に「ほどほどに」を望んでしまいます。気が強いのと、弱いのと、どちらが良いのかはわかりませんが、とにかく人様に迷惑をかけず、健康に育って欲しいものです。