日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いと福袋をこよなく愛す40代です。

雨の日には傘を

 フランスの人々は、雨が降っているのなぜか傘をささないなぁと思っていました。アジアや、ブラジルでは雨➡︎傘が普通でしたが、フランスでは雨の日にだいぶ濡れて歩いているフランス人を何度も見たことがあります。傘代の節約なのか、はたまた雨に濡れたい気分なのか、または映画のような失恋でもしたのかと考えてしまう濡れ様…。

日本に長くお住まいの欧米の方は、雨の日に傘を差している方も多いようですが、なぜかヨーロッパでは傘をささずに歩いている人が多いと感じます。

最近、雪だったり雨だったり、雪が雨に変わったりと、傘があったらよりよいシチュエーションのわが村。わが家から幼稚園/小学校までは徒歩5分くらいです。かなり近い方だとは思いますが、5歳の次女は、気分によってゆっくり歩いたりすることも多いので、小雨ならまだしもザーザー降りの雨や、しんしんと降り続く雪の日には、たとえ5分でもコートは濡れ、体が冷えてしまいます。次女のペースに合わせて歩く私と長女しかり。

でも最近、長女が傘を持って行くのを嫌がるんですΣ(-᷅_-᷄๑) コートが濡れる、風邪をひくとわかっているのに、なかなか持って行ってくれない。不思議に思っていたのですが、最近発覚したその理由は!なんと!先生が『雨でも雪でも帽子をかぶってくれば十分だから、学校に傘を持って来てはいけない』と言うのだそうです Σ(゚д゚lll)

う〜ん。子供達が風邪をひくかもということは考えていただけないのかなぁ…。先生が傘を禁止にするのは、傘立てがないのが理由だそうです。確かに昇降口に傘立てはありません。先日、雨がひどかった時に、校舎の外や自転車置き場などに傘を立てかけて置かせたところ、長女は先生から傘を持って来たことを叱られてしまったそうです。これから先も何年も使うのだから、学校に傘立てを買ったらいいのではないでしょうか〜!?もし、その予算がないというなら、校舎の外に傘を立て掛けるくらいは認めて欲しいものです。

ちなみに先生方は、駐車場から校舎までの1分ほどでもちゃっかり傘をさして来て、自分の教室内に置いているそうな…。ふ〜ん…(°▽°)

フランスでは現在も、私が育った昭和の日本のように、保護者よりも教師の意見が絶対的なところがありますが、それでも雨の日に傘をさして行くことくらいは許して欲しいものです。文句言ったら、モンペ扱いされてしまうのだろうか… (´-`).。oO

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ヤクルトが市民権を得られますように…

私の父はR-1ヨーグルトを毎日摂取しています。風邪を予防するために摂取しているそうな。私達にもせっせと勧めてくれましたが、次女はミルクアレルギーだから、あまり摂らない方がいいんじゃないかなっ (゚∀゚)
そんなわけで、乳製品大国フランスにも関わらず、わが家の食卓に乳製品はほとんど上がりません。ミルクアレルギーの張本人である次女が、チーズが大好きで食べるのをやめられなくなるからです(^_^;) そんなわけで乳製品は極力遠慮しているのですが、ヤクルトだけは例外で毎日飲んでいます。ブラジルではヤクルトが豊富で、類似品も販売されていました。7年前にフランスに住んでいた頃にはヤクルトは見かけませんでした。フランスからブラジルに引っ越した時には、どこにでもヤクルトがたくさん販売されていたので狂喜乱舞したものです。
そしてこの度、2度目のフランス。
期待していなかったのですが!なんと!みつけました〜 ٩( ᐛ )و ⬇︎


そうです。下段の左側に追いやられているのが我らがヤクルト。なにも、こんなに端っこじゃなくてもいいのに、何も余り物のように陳列しなくてもいいのに。と、我らがヤクルトに同情してしまう私。後日、だいぶ時間が経ってからヤクルトコーナーに行った時も同じ状況でした。しかもやっぱり2パックのみ。これは常に売れていて、ほぼ売り切れに近いということなのだろうか?アヌシーで一番大きなカルフールでさえ2パックずつしか発注しないと言うことなのだろうか?ハッ!もしかして!わが家が買うのをやめたら発注が止まってしまうかもしれない!と、勝手な使命感に駆られて、毎週2パックを買い占めています。善良な一般市民がこんな風に購入に気を使わなくてもいいように、ヤクルトに市民権を〜m(._.)m

✳︎ブラジルでご一緒した、ヤクルトさんの駐在員の方に事情をお聞きしたところ、ダノンが強い国にはヤクルトさんが入りにくいそうです。そんな大人の事情があったのね σ(^_^;)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

雪山でモゴモゴ歩く

小学校3年生の長女は1月中に4回スキー教室(クロスカントリースキー)がありました。
フランスの学校の課外授業は、保護者の協力なしには成り立たないので、幼稚園・小学校の行事には出来る限り協力をしております。しかしながら…運動の神様に見放されたとしか思えない私は、付いて行ったら逆にご迷惑をかけてしまう恐れ大(XXL)なので、スポーツ系の引率は遠慮しています。
しかーし!4回目のスキー教室の3日前くらいになって、担任の先生から『引率者が一人もいません。大絶賛、募集中!かなり困ってま〜す!』という連絡がきました ∑(゚Д゚) こんなギリギリになって?!とけっこう驚きましたが、子供達のためなら仕方ない「スキーはできませんが、それでもよかったら一緒に行けます…(でも他の方がいたら、ぜひとも私のことは切り捨てて欲しい→心の声)」と先生に申し出ました。

スキー教室当日。15年前のスキーウェアに身を包み、長女と登校しました。膨れ上がって動けずモゴモゴ、フガフガ、ウゴウゴしているところに、クラスの中でもスキー上手のアーサー君のお母さんが、マイスキーを持って現れました。まるで「どーもくん」のような動きをする私とは対照的に、彼女はクロスカントリースキー用のピタっとしたかっこいいスキーウェアを着用し、上級スキープレイヤーの雰囲気を醸し出しております!こんな方が一緒ならば、たとえ足手まといのどーもくんがいても、スキー教室はきっと楽しいものになるはずです(^-^) 合コンの人数合わせと同じ要領。保護者2名が引率で来ました、と言うのが私の存在意義なのです。

スキー場までは大型バスで45分ほどの道のりです。子供達は、曇った窓ガラスにいたずら書きをしたりして遊んでいました。少ししたら、英語のFワード的な、よろしくない言葉を窓に書き始めた男の子がおり、優等生女子が先生に言いつけるという、日本でもよく見るパターンがフランスでも起こっておりました。こういうのって万国共通なんだなぁ〜(*´-`)

雪山に着いたら、スキー用具をレンタルします。校長先生が「いい機会だから、ぜひあなたもスキーをしなさい。」と何度も言うので、じゃぁやってみようかな、なんて気になってしまいました。私もスキー用具を借りて準備しようかと思っていたら、校長先生ならびに担任の先生から「保険の関係があるので、一緒に来ないでください。」「最低でも10メートルは離れて行動してください。」となんとも悲しい、引率者として何をすればよいのか戸惑う言葉が伝えられました Σ(゚д゚lll)
この雪山は、実はスキー場ではありません。戦没者慰霊碑が建てられた平野に雪が積もるのを待ち、冬場はクロスカントリースキー場として利用しているのです。よって、地図やリフトなどは一切存在せずに、迷ってしまったら終わり…。集合場所や集合時間も伝えられていなかったので、不安になり私はスキーを返却することにしました。スキー場に来て、スキー用具をわずか10分で返却するという不可解な行動を取る東洋人に、レンタル屋さんも「??」と驚いていました。不審者ってこう言う人間を言うのかもなぁ σ(^_^;)
雪山で迷子になるリスクを回避し、雪用長靴で子供達を追いかけるも、歩行者とスキーヤーは道が別に設定されています。長女には、スキー用の道の近くに歩行者用の道があるから、そこを歩いて付いてくればいいと言われていたのに…。その道は、なんとスキーヤーから10メートルは離れており、引率どころかかなり遠くから見守る人になってしまいました。
⬇︎引率するはずの子供達が遠く見える…。そびえ立つのは戦没者慰霊碑です。

せめて長女の勇姿を見たかったのですが、雪用長靴とクロスカントリースキーでは速度が違います。わが娘が、子供達が豆粒のように小さくなり、遠くへと消えて行きました〜。
⬇︎もう見えない。

アーサー君のお母さんは、子供達から10メートル以上離れてスキーを楽しんだり、お一人で少し遠くまで行ってみたりと、楽しい時間を過ごしたそうです。モゴモゴとしか動けない私は、寒い雪山を慰霊碑を眺めながら一人でグルグルと回って過ごしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

いつかは作ります!

わが家の娘達は、母も驚く食いしん坊で、特に日本食が大好きです。クリームシチュー、フライドポテト、コロッケ、ハンバーグなど、およそちびっこが好むようなメニューが苦手な割には、おにぎりや納豆、うどんなどには目がなく「今日の夜はおにぎりにしよう〜」とご飯作りをしたくない母が言うと、ヒャッホーウ!!と叫んで踊り出します。最近は、そんなおにぎりさえも自分達で作ってもらっているので、私はだいぶ楽になって来ました (°▽°)

そんな日本食好きのわが家ですが、アヌシーにはアジア系のスーパーがないので、食べたい物は自給自足するしかありません。7年前はかぼちゃや水菜を畑で栽培し、鯖の干物や干し椎茸などを作って過ごしていましたが、今回は豆腐、納豆、味噌も自分で作ろうと思っています。我ながら、なぜそこまでして食べたいのか不思議ですが、ない!と思うと無性に食べたくなる。これぞ食いしん坊の性です。

しかしながら、まだ家が整っておらず、なかなか自給自足まで手が出ないので、以前フランスに住んでいた時にお世話になっていた納豆屋さんに、久々にお願いしました。その名も『ドラゴン納豆』。
完全なるフランス人の方が、どういう経緯で納豆造りを始めたのかはわかりませんが、オーダー製で納豆を作って送ってくれます。1パック150グラム入りで4.33ユーロ(約540円)です。3パックから注文が可能、他に送料もかかるので、高い買い物ですが今回は6パック注文して冷凍することにしました。

子供達は納豆を見て大喜びし、1人で1パックずつ食べようと話し合ってところを母に止められ、渋々分け合って食べていました。いつか、自分で培養して好きなだけ食べたいものです。培養セットは揃っているので、あとはやる気が出るのを待つだけか〜。いつになったら、やる気出るんだろう…σ(^_^;)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

徒歩通学は肩身がせまい…

東京でもタワーマンションなるものは、それだけでとってもお値段・お家賃がお高いそうですが、上層階となると更にお高いそうですね。タワーマンションは私には無縁の世界です…。
が、なんと!わが村もタワーマンションと同じで、村の上(➡︎つまり山の上)にあるお宅は、上であればあるほど土地代が高く、そんな高い土地を買う方々のお家はとーーっても大きいのです!そしてタワーマンションの低層階とも言えるのが山の麓。そんな麓に住んでいます σ(^_^;)

わが家がこの村に家を購入したのは、もう10年前になります。当時は村のあらゆるところが草原で、夏には牛が放牧されていました。牛のにおいに困った思い出さえもあります。
しかしながら。お義父さんの話では、この10年でフランス他県から、そして他国からも続々とアヌシーに人々がやって来たそうで、わが村も含みアヌシー近郊の村がどんどん住宅地に変わってきたそうです。この村で牛が放牧されていた草原は、元々酪農家の方々の土地です。日本も同じですが、アヌシーでも今は酪農を継ぐご家庭は少ないそうで、放牧などに使う必要がなくなった彼らの土地はどんどん買われて行き、建売住宅やアパートが次々と建設されました。そんなわけで、わが村の人口も増えて来ており、山のなるべく上を求める裕福な方々なんかも増えて来ているんですね。

幼稚園・小学校は山の麓にあり、麓の民のわが家からは徒歩で5分です。我々は雨にも負けず、風にも負けず、もちろん徒歩で通っているわけですが、山の上に住む方々は麓の学校に車でやって来ます。(しかも、高級外国車で!)わが家の近所で、絶対歩いて来られる距離に住んでいても、車で送迎している方もいます…。そうすると、どうなるかと言うと。⬇︎こうなります。(撮影した日は、車が少ない方です。)

急に住民が増えてきたことによる幼稚園・小学校の駐車場不足が問題なのですが、送迎の時間になると、みなさん歩道に車乗り上げて駐車するのです。しかも両側に…。更に、写真手前のロータリーの内側にはいつも3台停められています。こうなると。麓に住む我らのような住民は、歩道が通れないので、車道の真ん中を幼稚園児を連れて歩いて帰らなければならないのでーす!前後からは送迎の車が走って来ると言うのに。歩道に駐車した車が、急にエンジンをかけて発進しようとするのに…。麓住民が通学するための歩道をちゃんと空けてくれ〜!麓の民に愛の手を〜!
※決して、お金持ち対するやっかみではありません (´・Д・)」

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村