日本とフランスのあいだ

雪国で生まれ育った親と、南米で育ったちびっこ達の生活記録です。筆者は、お笑いと福袋をこよなく愛す40代です。

海を渡った豆腐達

いよいよ令和元年です。どんな時代になって行くのか楽しみです。昭和から平成に変わった時以上に気が引き締まります。なんせ平成に変わった当時は、寝ても覚めても買い食いのことしか考えていない、太っちょ中学生だったわけですから σ(^_^;)
世界はもちろんのこと、日本も平和で生きやすく、人々が心豊かな時代になって欲しいと思います。全ての子供達の未来が、安全で幸せな日々でありますように。

さて、話は変わって今日はブラジルでの思い出をひとつ。
日本で私達が「ワッフル」と呼んでいて、中にカスタードクリームなんかが入っている三角形の、コンビニでも売っているあのおいしいお菓子は、ブラジルで「どら焼き」と呼ばれていました。
日本祭り、日本食材店、スーパーでまでも、ワッフルがどら焼きと呼ばれて堂々と販売されているのを見て、純日本人のプライドがふつふつと湧き上がり、日系ブラジル人の方に『あれは日本ではどら焼きとは呼ばない!』という事実を伝えると、驚きよりも疑いの眼差しを向けられたあの日…。日系ブラジル人よりも、私の方が日本に詳しいんだ!っと、当たり前のことを、大人気なく友達にブツブツ言った思い出がありますσ(^_^;)
はて。ブラジルのドラえもんは何が好物という設定になっているのだろうか (゚∀゚)

こんな風に、海を渡ると、渡航先の国のちょっとしたアレンジが入ったりするものです。ディズニー映画の挿入歌しかり。でも、まぁ。その国で愛されていればそれでいいと思います (^-^)

日本を代表する、色白&美肌の貴婦人「とうふ」もはるばるとフランスに渡って来ております。10年前のアヌシーでは、森永さんの長期保存用の豆腐しかお目にかかれなかったので、今回は自分で作る予定で引っ越して来ましたが、現在はbio(有機食品)のお店に、フランス風にアレンジされた豆腐達がた〜くさんショーケースに鎮座しておりました (^-^)v


左の豆腐は、何やら醤油というよりもチョコレート?にディップするようなイメージのパッケージです。右の豆腐はアレンジメニューがどれもお菓子のようですね。お通しで出てくる冷奴というよりは、スィーツに使われる方が多いのかもしれません。


一段目 左)ヘーゼルナッツとほうれん草味の豆腐
一段目 中央)あさつき味の豆腐
一段目 右)豆腐マリネ
二段目 中央)バジル味の豆腐

⬇︎クロックムッシューならず、「クロック豆腐」なる商品。焼き豆腐のようなものなのか、またはキッシュのようなものなのか…。

⬇︎食事の前菜のように、筒型に姿を変えた豆腐達。
左)きのこ味
中央)ごま&カレー味
右)パッケージの挿絵からすると、木綿豆腐かもしれません。

⬇︎2018年になんらかの賞を受賞したと思われるマンゴー&カレー味の豆腐。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

イースターたまごに懸ける情熱

「スキーバカンス」から時は過ぎ、あれよあれよと言う間に今度は「イースターバカンス」中です。
村の幼稚園にとって、すっかり都合のいい女となったわたくしめ、週に2回、3回とお手伝いに呼ばれることが増えまして、すっかりこちらのblog日記が疎かになっておりましたσ(^_^;)

仏教的な思想が流れているわが家ですが、子供達はイースターを毎年とっても楽しみにしています。長女は4月になると、我らの憩いの場『カルフール』の入口に陳列されるたまご型チョコレートに身も心も奪われ、寝ても覚めてもたまご型チョコレートのことを考えない日はないらしく、とにかく1個買ってもらうまでは落ち着かないようです。母としては、なんならイースターが過ぎて値段が下がってから、できれば半額になってから買ってあげたいものです。

毎年、チョコレート目当てなのか、おまけ目当てなのかわからなくなり、自分を見失いがちな長女は、例年通りKinder社の巨大チョコレートを1つ購入しました。そして、とにかくビジュアル重視の次女はウサギ型のチョコレートと、ミニミニたまごパックを選びました。そんなウサギはイースター前に、既に頭部から次女にガブリとやられ、首から下だけがテーブルに寂しく残っております…ε-(´∀`; )

イースター当日には、「たまご探し」かっこよく言うと「エッグハンティング」を行うのがフランスのちびっこ達の恒例行事です。京都在住時は、幼稚園のお友達と贅沢にも京都御所の児童公園でたまご狩をしました。小さな子供達が走って探し回る姿は本当に可愛らしかったなぁ(´∀`)今年も京都のみんなは御所でたまご狩したのかな〜。


義理の妹が、お義父さんの家の庭や畑に小さなたまご型チョコをたくさん隠してくれます。すぐに見つかるようなところに隠してくれるのですが、それでも子供達は大興奮です。

長女はこのたまご狩が好き過ぎて、集めたチョコレートをもう一度大人に預け、自宅の庭、次は室内と場所を変えて何度でもやろうと提案します。
次女は食べる方が大事なので、その提案を却下。そんな妹に土下座せんばかりに懇願する長女。一体何が彼女をそこまでたまご狩に駆り立てるのか。長女はキリストの復活を祝うことなんかすっかり忘れて、たまご型チョコレートですっかり自分を見失う。もはや、これがわが家のイースター風物詩となっております。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

やる気のある者のみが集まる場所

2月は「スキーバカンス」という名目で、子供達はまた2週間のバカンス中です。たとえスキーに行かなくてもスキーバカンス。名称は別に「冬休み」でもいいような…(°▽°)

フランスでは、月謝を払って週に一度の習い事をしていても、学校のバカンス中はそれらのお稽古も自動的に休みになります。頻繁に訪れるこのバカンス中こそ、時間をつぶすためにも習い事に連れて行けるものだと勝手に信じておりましたが、思うようにはいかないものです。夏休みなんかは、まるまる2ヶ月の間、学校も習い事もお休みになるということですな。習い事で休暇中の時間を潰せるかもと考えているような、私のような親はダメ〜っていうことですかね σ(^_^;)

しかし!バカンス中のみ集中的に受講できる「stage/スタージュ」と言う習い事のシステムを発見しました。定期的ではなく、3ヶ月に一度のバカンス中にしか行かないのだから、スポーツ系も文化系も上達は見込めないと思いますが、お試し受講的な感覚で利用できそうです。フランスでは、スポーツやダンスの習い事をする際に、病院での検診と「この習い事やってもいいよ診断書」の提出、傷害保険への加入が義務付けられています。でも、このスタージュというシステムは、なんと診断書の提出も不要、授業料には保険料金も含まれています。
わが家の住むオート・サヴォワ地方は山に囲まれた地域ですので、ウィンタースポーツが盛んで、スキー、スノボ、スケートなどを3歳くらいから始める子供達がたくさんいます。南米育ちのわが家の子供達にとって、ウィンタースポーツは未知の世界でしたが、満を持してこの度、北半球で愛されているウィンタースポーツにトライすることにしました。

今回のバカンスではスケート教室のスタージュに参加しました。長女9歳、次女5歳、共にスケートは生まれて初めてです。手取り足とり楽しく教えてくれるかなと、淡い期待を抱いていたのですが…。母はとんでもない間違いをしてしまいました!たまたま家から近く、幼稚園児でも受け入れてくれるからと言う理由で申し込んだスケート教室は、「スケート教室」ではなく「スケートクラブ/スケートチーム」だったようなんです。すまん、娘たちよ…。

9歳と言う年齢のみで入れられてしまった長女のグループでは、ジャンプの練習や片足を上げて滑る練習などが行われておりました ∑(゚Д゚) 超初心者で、滑り方も知らない長女は、学校のクロカンスキー教室で得たと思われるスキーのスケーティングを利用しヨタヨタ、オタオタとだいぶ他の子供達に遅れてついて行っておりました。観客席から見ている母から見てもちょっと滑稽なヨタ付き具合。
5歳の次女は、手押し車などを借りることができるのかと思いきや!どうやら手押し車は3歳児くらいが使っている様子で、文字通りすってんころりん、すってんころりんを繰り返しながら氷上に立っておりました。なんか、とんでもなくスパルタなところに放り込んでしまったようです。

そんな感じなのにも関わらず、娘達はとっても楽しかったようで、週に3回のスケート教室を心から楽しみにしておりました。「他の人と違ってもいい」という母の教えが、なぜかこんな時に役立ったらしく、グループの練習に恐ろしく足手まといになっているにも関わらず、自分はグループで一番下手だとわかっているにも関わらず、楽しいからこれからも続けたいと思っているようです。
遅ればせながらどんな教室なのかと調べてみたところ、モナコフィンランド、フランス選抜のスケート選手が所属しており、国際大会で活躍する選手も輩出しているようなだいぶ本気のクラブチームでした。やる気のない者には続けられない、かなり厳しいクラブだそうです。
わが家の娘達が大会に出場するようなことはないと思いますので、楽しく続けられたらそれでいいんじゃないかなと思っていますが、やはりこんな甘い考えでは帰れーーー!!と言われてしまうのだろうか。帰れと言われ、出禁になるその日まで、それでもやっぱり楽しく続けてほしいなと思います。




⬆︎初心者ではなく、既にスケートができる子供達が上達のために移籍してきたりするようです。

⬇︎フィギュアスケートだけではなく、アイスホッケーのクラブチームもあります。最初からホッケーを選ぶちびっこもたくさんいます。アイスホッケーは練習がまた全然違うんだなぁ。すごいなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

雨の日には傘を

 フランスの人々は、雨が降っているのになぜか傘をささないなぁと思っていました。アジアや、ブラジルでは雨➡︎傘が普通でしたが、フランスでは雨の日にだいぶ濡れて歩いているフランス人を何度も見たことがあります。傘代の節約なのか、はたまた雨に濡れたい気分なのか、または映画のような失恋でもしたのかと考えてしまう濡れ様…。

日本に長くお住まいの欧米の方は、雨の日に傘を差している方も多いようですが、なぜかヨーロッパでは傘をささずに歩いている人が多いと感じます。

最近、雪だったり雨だったり、雪が雨に変わったりと、傘があったらよりよいシチュエーションのわが村。わが家から幼稚園/小学校までは徒歩5分くらいです。かなり近い方だとは思いますが、5歳の次女は、気分によってゆっくり歩いたりすることも多いので、小雨ならまだしもザーザー降りの雨や、しんしんと降り続く雪の日には、たとえ5分でもコートは濡れ、体が冷えてしまいます。次女のペースに合わせて歩く私と長女しかり。

でも最近、長女が傘を持って行くのを嫌がるんですΣ(-᷅_-᷄๑) コートが濡れる、風邪をひくとわかっているのに、なかなか持って行ってくれない。不思議に思っていたのですが、最近発覚したその理由は!なんと!先生が『雨でも雪でも帽子をかぶってくれば十分だから、学校に傘を持って来てはいけない』と言うのだそうです Σ(゚д゚lll)

う〜ん。子供達が風邪をひくかもということは考えていただけないのかなぁ…。先生が傘を禁止にするのは、傘立てがないのが理由だそうです。確かに昇降口に傘立てはありません。先日、雨がひどかった時に、校舎の外や自転車置き場などに傘を立てかけて置かせたところ、長女は先生から傘を持って来たことを叱られてしまったそうです。これから先も何年も使うのだから、学校に傘立てを買ったらいいのではないでしょうか〜!?もし、その予算がないというなら、校舎の外に傘を立て掛けるくらいは認めて欲しいものです。

ちなみに先生方は、駐車場から校舎までの1分ほどでもちゃっかり傘をさして来て、自分の教室内に置いているそうな…。ふ〜ん…(°▽°)

フランスでは現在も、私が育った昭和の日本のように、保護者よりも教師の意見が絶対的なところがありますが、それでも雨の日に傘をさして行くことくらいは許して欲しいものです。文句言ったら、モンペ扱いされてしまうのだろうか… (´-`).。oO

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ヤクルトが市民権を得られますように…

私の父はR-1ヨーグルトを毎日摂取しています。風邪を予防するために摂取しているそうな。私達にもせっせと勧めてくれましたが、次女はミルクアレルギーだから、あまり摂らない方がいいんじゃないかなっ (゚∀゚)
そんなわけで、乳製品大国フランスにも関わらず、わが家の食卓に乳製品はほとんど上がりません。ミルクアレルギーの張本人である次女が、チーズが大好きで食べるのをやめられなくなるからです(^_^;) そんなわけで乳製品は極力遠慮しているのですが、ヤクルトだけは例外で毎日飲んでいます。ブラジルではヤクルトが豊富で、類似品も販売されていました。7年前にフランスに住んでいた頃にはヤクルトは見かけませんでした。フランスからブラジルに引っ越した時には、どこにでもヤクルトがたくさん販売されていたので狂喜乱舞したものです。
そしてこの度、2度目のフランス。
期待していなかったのですが!なんと!みつけました〜 ٩( ᐛ )و ⬇︎


そうです。下段の左側に追いやられているのが我らがヤクルト。なにも、こんなに端っこじゃなくてもいいのに、何も余り物のように陳列しなくてもいいのに。と、我らがヤクルトに同情してしまう私。後日、だいぶ時間が経ってからヤクルトコーナーに行った時も同じ状況でした。しかもやっぱり2パックのみ。これは常に売れていて、ほぼ売り切れに近いということなのだろうか?アヌシーで一番大きなカルフールでさえ2パックずつしか発注しないと言うことなのだろうか?ハッ!もしかして!わが家が買うのをやめたら発注が止まってしまうかもしれない!と、勝手な使命感に駆られて、毎週2パックを買い占めています。善良な一般市民がこんな風に購入に気を使わなくてもいいように、ヤクルトに市民権を〜m(._.)m

✳︎ブラジルでご一緒した、ヤクルトさんの駐在員の方に事情をお聞きしたところ、ダノンが強い国にはヤクルトさんが入りにくいそうです。そんな大人の事情があったのね σ(^_^;)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村